【特別版】インバウンド接客 おもてなし英語 -飲食編-

日本のきめ細かなサービスを、英語ができないことで伝えられないのはもったいない!飲食業において海外の方を接客する際に必要な英会話のフレーズを学びます。(特別版)

(特典:飲食英語表記表PDFつき!)

日本の「おもてなし」を、もっと英語で伝えよう!

急速にインバウンドが増加している昨今、観光地や繁華街の飲食店では英語での接客を避けることはどんどんと難しくなっています。

しかし、英会話ができるスタッフがいない・外国人を雇用していない等、海外のお客様に充分に対応できる条件を持つ飲食店は、まだまだ少ないと言えます。

特に、文化や風習の違いでトラブルになりやすい飲食店において、海外からのお客様に「何をどのように説明すればいいのか」と頭を悩ませているスタッフの方も多いのではないでしょうか。


このコースでは、日本と海外の食文化やマナーの違いから、英語で予約が入ったときの対応、メニューの説明、食事中のお声けけ、そしてトラブル時の対策フレーズまで、飲食業に必要な一連の英語表現が学べます。

使用する単語や文法は中学校英語程度。
何度も繰り返し使えるフレーズを発音と共に覚えていきますので、英語が苦手という方でも大丈夫。

また、お客様がYES・NO、もしくは一言で答えられるような質問文を用意していますので、
「リスニングに自信がない」「質問して沢山の英語が返って来たらどうしよう」という心配も不要です!


日本の接客レベルは世界に誇れると言っても過言ではありません。
しかし、英語が分からない為にそれが伝わらないのは、とてももったいないこと。
ぜひ英語を学んで日本のおもてなしを伝え、ご自身の接客スキルも磨きましょう!

このコースで得られるもの

この講座を始める前に

まずはじめに、このコースの流れや特徴、海外の方と接する際に注意すべき文化・風習の違いや宗教について理解しておきましょう。

日本と食文化・マナーの違い

実は西欧では馴染みのないおしぼり、反対に日本に文化がないチップについての対応、そしてお支払いのときにレジへ誘導する表現を学びます。

予約を受ける

ほとんど電話で行われる予約についての会話は、顔が見えない分、非常に難しいやり取りとなります。
「最低限、確認すべきこと」を意識して進めていきましょう。

お出迎え

お客様がいらっしゃったときの挨拶から、人数・予約の有無・席の希望を確認するフレーズをレクチャーします。

席案内、メニュー案内

お席までのご案内とご注文を伺うまでの流れを学びます。

注文を取る

お飲み物・料理の注文を取る際のフレーズを覚えましょう。
日本でよく使われる「いつお飲み物をお持ちしますか」「ライスとパンどちらがよろしいですか」といった表現も紹介しますので、ぜひ覚えて下さい。

料理説明

その日のおすすめや人気メニュー等を伝えるフレーズのほか、お客様からの質問への答え方を学びます。
「これは何ですか」と聞かれたときに参考になる表現も解説しますので、合わせて理解しておきましょう。

食事中の声かけ

「お済みのお皿をお下げしましょうか」「おかわりはいかがですか」といった声かけも英語で言ってみましょう。
もちろんここでもお客様からの応答は「Yes ・No」のどちらかになりますので、難しく捉えなくても大丈夫です。

また、お手洗いの場所を尋ねられた際の答え方も紹介します。

お支払い

まずは値段の表現を覚え「〜円です」と言えるようになりましょう。
その後、レジへの誘導やお支払いは全員一緒か別かといった確認をする表現をレクチャーします。

また、海外の方は現金を多く持つことを嫌う傾向にありますので、クレジットカードでのお支払を好みます。
お客様がお持ちのカードの取り扱いの有無や、決済に必要なサインをお願いする表現も一緒に覚えましょう。

お見送り

丁寧なお見送りも、日本の接客レベルが評価される理由の一つです。
出口へのご案内方法や、最後に御礼と共に付け加える簡単なフレーズ等をレクチャーします。

トラブル対処フレーズ

お客様が何を言っているか分からないとき、お通し・サービス料に関して、お客様へのクレームへの返事や謝罪といった3つのトラブルを想定したフレーズを紹介します。
ボリュームのある内容ですが、お通し・サービス料に関するトラブルや注文した料理が来ない・注文したものと違うといったクレームは非常に起こりやすいものですので、頑張りましょう。

簡単使い回しフレーズ

最後に、このコースで何度も出て来ているフレーズを再度復習します。
使い回し出来る便利なフレーズなので、意味と表現をしっかりマスターしましょう。

こんな方におすすめ

  • 海外からのお客様にスムーズに対応できるようになりたい
  • 接客に必要な英語表現を学びたい
  • 最低限の英語は分かるけれど、昔から英語が苦手
  • 英語で何か言われて理解できなかったら不安なので、英語でお客様に声をかけられない
  • 食材や調理方法など、どうやって説明すればいいのか分からない
  • 日本の食文化をどうやって伝えたらいいのか分からない
  • 飲食業としてスキルアップしたい

講師紹介

田形 まこ

接客英会話コンサルタント。

米国高校・大学在学中に、オックスフォード大学留学、フランス留学、アフリカボランティアを経験し、視野を広める。

「人の中心にある想いを伝える」お手伝いをしたい一心で起業、NYにてレストラン関連会社の営業経験から、接客英会話に関するレッスン・動画配信を開始。」

忙しい方に向けて英語初心者でも出来る「1日15分英会話」を開講し、中学1年生の文法もままならなかった生徒がたった1ヶ月半で30分の英会話が可能に。


語学を学ぶことも、おもてなしの一つです。
このコースで接客英語を学んで、日本ならではのおもてなしを届けましょう!


Lectures of this course

Total
Preview You can preview lectures with this label
Loading
【特別版】インバウンド接客 おもてなし英語 -飲食編-
Price (Tax included)
¥3,700 / 15 Lectures
Buy this course30 day money back guarantee
Peace of mind with a 30 day money back guarantee!
Viewable on any smartphone or tablet devices
No limit after purchasing! Watch the lectures as many times as you like
Instructor
Bigger tagata sensei
接客英会話コンサルタント

・ユタ州立カーボン高校、国立金沢大学附属高校卒業
・ネブラスカ州立大学リンカーン校 経済学・国際関係学学士取得
・アフリカボランティア団体立ち上げ
・ニューヨークにて飲食関連営業経験
・スカイプ英会話塾開講
・英会話研修開始
 大学病院・IT企業・サロン経営者など研修経験あり

米国高校・大学在学中に、オックスフォード大学留学、フランス留学、アフリカボランティアを経験し、視野を広める。「人の中心にある想いを伝える」お手伝いをしたい一心で起業、NYにてレストラン関連会社の営業経験から、接客英会話に関するレッスン・動画配信を開始。」忙しい方に向けて英語初心者でも出来る「1日15分英会話」を開講し、中学1年生の文法もままならなかった生徒がたった1ヶ月半で30分の英会話が可能に。
TOEIC975点、TOEFL630点(PBT)。