Share this course

Top Breadcumb navigator ビジネススキル Breadcumb navigator 葉隠から学ぶ日本型リーダーシップの源流
PRO COURSE

葉隠から学ぶ日本型リーダーシップの源流

「武士道とは死ぬことと見つけたり」という言葉で有名な葉隠(はがくれ)を通じてリーダーシップの本質を学びます。現代に活かせるスキルを古典から学びましょう。

葉隠を通じて、武士道と
現代に活かせるリーダーシップを学ぶ

不確実性が高い現代、経営者、マネージャー、新入社員のあらゆる階層でリーダーシップが求められています。
ビジネス書やセミナーで教えられることも多いリーダーシップですが、その本質は今も昔も変わることはありません。

このコースでは、リーダーシップの本質を武士道に関する名著「葉隠」を通じて学んでいきます。

このコースでとりあげる古典「葉隠」とは?

このコースでは、リーダーシップを学ぶための古典として葉隠(はがくれ)をとりあげます。「武士道とは死ぬことと見つけたり」という言葉で有名なこの本は、旧鍋島藩(現在の熊本県)の武士としてのあるべき考え方・生きるためのエッセンスがたくさん詰まっており、多くの実業家や政治家が愛読した日本人として大切な心を伝える書物です。
葉隠には現代のような厳しいビジネス社会を生きていくために必要な知識がたくさんつまっています。今こそもう一度学びなおすことで自分たちの生き方を見つめなおすことができる書物と言えます。

葉隠を通じ、武士道、そしてリーダーシップの本質を理解しましょう。

このコースで得られるもの

  • セルフリーダーシップの本質を理解する
  • 古典から現代社会で生きるためのエッセンスを学ぶ習慣を身に着けることができる
  • 「自分が日常生きるためにどういう心持ちで生きていればいいのか」という自分を振り返る機会を得ることで、自己を見つめなおすことができる

こんな方にオススメ

  • リーダーシップを発揮し事業を成長させたい経営者、マネージャー
  • ビジネスにおいて今、厳しい局面に置かれている方
  • 人間としての成長を強く望んでいる方

古典なんてものがこの現代社会で本当に役立つのだろうか?と思われる方もいるかもしれません。
しかし、本質的なものは今も昔も変わりません。私たちは先人たちが残した書物から現代に活かせる知恵を得ることができるのです。

古典に親しみのある方も、今までまったく古典にふれたことがない方も、是非、このオンラインコースを通じて、古典からどのように現代に活かせるスキルを学べるか、リーダーシップの本質は何かを学び取ってください。

About the instructor

種田 成昭
株式会社Flucle 代表

浄土宗の住職の多くが指定が通う上宮中学、高校に通学。その後同志社大学に入学し「人として豊かな経済成長」というのを研究テーマにエコロジー経済学を専攻。その後実家の倒産、自身での音楽スクール運営の経営を経て、アメリカのボストンに留学。その際に「日本の文化」を知ることが大切だと考え日本の長岡禅塾にて修行。同時に上賀茂神社にて葵の歴史を伝えていく特定非営利活動法人「葵プロジェクト」の専従職員として上賀茂神社にて勤務。その後、大手企業を中心とした日本を代表する企業に対して人材コンサルティング業務を提供する株式会社Celmに入社。
人材開発コンサルタントとして、元マッキンゼーやボストンコンサルティンググループのコンサルタントと共にJR西日本、大阪ガスさまをはじめ、大手インフラ企業を中心に人材開発事業に従事。
2015年株式会社Flucleを創業。現在に至る。

See more

Course content

Total
Preview You can preview lectures with this label
Loading