ビジネススキル強化講座 プレゼンテーション基礎知識

考えておくべき内容や資料作り、練習、当日のポイントまで、プレゼンを成功させるために必要なステップが一気に学べます。演習や実演例も付いた超実践的プレゼン講座です。

プレゼンに自信がない、上手くいかない...その原因を解決します!

プレゼンテーションスキルは、営業職の方でなくとも身に付けておきたい、ビジネスパーソン必須スキルの一つです。

魅力的なプレゼンテーションは、セミナー会場や会議室などで企画の提案をする場合はもちろん、単純にサービスや商品をお客様に説明する場合や研究発表などにも効果的です。


このコースでは、「プレゼンテーション」の目的は何なのかを考え、準備や練習などのポイントを解説していきます。

良い例・悪い例・商品を想定した演習なども交えて進めていきますので、すぐに実践で役立てることができます。



このコースで得られるもの

効果的なプレゼンと準備の5ステップ

【STEP1】聴き手の分析
【STEP2】プレゼンテーション目的の明確化
【STEP3】メッセージの明確化
【STEP4】ストーリー作り
【STEP5】説明資料を作る

まずは「プレゼンの目的」「プレゼンで主役となるのは誰か」といったことを考えながら、その準備プロセスを段階を追って説明していきます。

より魅力的なプレゼンをするために

人を惹きつけるプレゼンテーションをするためには、クリエイティビティ(創造性)が必要です。
ここでは、プレゼンテーション手段を工夫してクリエイティビティを高める具体的なプレゼン手段について紹介します。

【演習】新商品のジュースを売り込む

「乳幼児向けオレンジジュースのプレゼン」を想定し、最初に学んだ5ステップを追いながら準備をしていきます。
ぜひ一緒に考えながら見てください。

本番を想定した練習方法

準備ができたら次は実際に練習をしましょう。
練習をする際にチェックをすべき点を解説します。

当日のプレゼンテーションのポイント

  • SSHの重要性
  • 話し方の工夫
  • 質疑応答の対応方法
  • 緊張への対処法
  • プレゼンテーションの改善例

悪い例を挙げながら、改善や工夫できるポイントを学びます。
練習段階はもちろん、当日の聴き手の様子を見ながら応用することもできますので、覚えておきましょう。

また、当日実践できる質問への答え方のコツや緊張を緩和させる気の持ち方などについてもお教えします。


講師紹介

三城 雄児

株式会社JIN-G 代表取締役 組織人事戦略コンサルタント ビジネス・ブレークスルー大学准教授

1975年神奈川県生まれ。
早稲田大学政治経済学部を卒業後、株式会社富士銀行(現みずほ銀行)にて融資・外為業務を経験。
その後、株式会社マングローブ、株式会社日本経営システム研究所、ベリングポイント株式会社(現プライスウォーターハウスクーパース株式会社)にて、組織人事戦略コンサルタントとして組織人事改革、企業内教育の革新の取り組みに従事する。

2009年7月に、「世界に存在感を示す企業と人材を増やすために最初の第一歩の機会をつくる」ことを目指して株式会社JIN-Gを設立、同時にビジネス・ブレークスルー大学の准教授に就任。
企業と個人の両方にアプローチしながら、世界で活躍する人材を増やす取り組みに励む。


こんな方にオススメ

  • プレゼンテーションにあたって、どのような内容を盛り込めばいいのかわからない
  • いつもプレゼンテーションが商品やサービスをただ紹介するだけで終わってしまう
  • プレゼン資料を作るのが苦手だ
  • 話す内容にどのように肉付けをしていけばいいのかわからない
  • 準備を万全にしても当日うまく話せないことが多い、質疑応答が得意ではない
  • 聴き手に対して手応えがなかったり、退屈そうにされているときが気になる
  • 社会人ではなく学生だが、研究やレポートの発表の機会が多いのでプレゼンテーションに慣れていきたい


この機会にぜひプレゼンテーションスキルを習得して、ビジネス力での成果を上げましょう!

About the instructor

アテイン株式会社
eラーニングコンテンツ制作会社

様々なオンライン講座の企画制作を15年以上担当し、累計1000を超えるコンテンツの制作や販売をする日本最大級のオンライン講座提供会社。主にIT、開発、ソフトウェア、ビジネス知識、日本語や英語の語学学習などの動画教材に関わる。自社スタジオと編集環境があり、シナリオ・ナレーション・映像収録・編集まで全ての工程を自社完結させ、高いクオリティで安定したコンテンツを提供。専門家の監修体制にも注力し、ソフトウェアの講座では、AdobeTVの日本語版制作を担当する高い実績もある。

See more

Course content

Total
Preview You can preview lectures with this label
Loading