Share this course

Get up to 20% revenue for each qualifying new purchase you refer.
You can join the course referral program after purchasing this course.
Let's take this course now!
Top Breadcumb navigator Health, Beauty & Sports Breadcumb navigator 介護職に必要な医学知識とケアのポイント
PRO COURSE

介護職に必要な医学知識とケアのポイント

高齢者の生活を支える中で健康状態を正しく観察・考察し、緊急時にはどのように対応すべきかを学ぶコースです。医療職と円滑な連携をとる態勢づくりに役立ちます。

「生活の場で命を守る」
ために学ばなければいけないこと

介護の現場では、常に看護師がいるとは限りません。
特に、治療ではなく「生活」が主体となる老人保険施設・特養・デイサービスの中で、介護職としてどのように利用者の健康状態を管理していけばいいのかと悩んでいる方や不安を感じている方も少なくはないのでしょうか。

病院の入院期間もどんどん短くなってきている中、介護が必要な方は在宅ケアや介護施設へとどんどん入所していきます。
そのことを考えると、介護職に医学知識が全くないという状態では、利用者の生活を支えることはできません。

介護スタッフは、生活に困難・影響を及ぼす原因である利用者の病気・障害を知った上で生活のしづらさを考え、症状が悪化した際に何らかの治療が必要であるという気づきを持ってケアに従事することが求められます。

このコースでは、看護師・医師などの医療職への連携が円滑に進むための態勢づくりと、緊急時や発症の疑いがある場合の対応、日常のケアのポイントについて解説します。


介護の画像

このコースで学べること

  • 介護職が医学知識を学ぶ必要性とは
  • 高齢者の身体機能
  • 高齢者の病気の特徴
  • 観察について
  • バイタルサインの測り方
  • 測定値の見方
  • 薬の知識
  • 効果を高める薬の飲み方
  • 救急車を呼ぶときに、準備しておく情報
  • 医療専門職、救急車を呼ぶタイミング
  • 症状状態にあわせたケアの知識と技術

介護職に必要な医学知識とケアのポイント


介護職と医療職がお互いに半歩、一歩ずつ近づくことで、お年寄りの生活は楽になっていきます。
普段から連携をとっておくことで、インフルエンザやノロウィルスなどの感染症が発生した場合も迅速な対応が可能となります。

それぞれの役割を正しく捉え、どのような態勢を整えれば良いかを考えるために、ぜひこのコースを役立ててください。

About the instructor

大瀧 厚子
元特別養護老人ホーム施設長

新潟県出身。看護師として慶應義塾大学病院の内科病棟勤務後、地元の地域病院に勤務。
その後21ヵ所の介護老人保健施設の立ち上げに携わり、平成12年介護保険の導入と同時に、介護支援専門員として某大手企業勤務。

新規事業所の立ち上げに3ヵ所かかわった後、「社会福祉法人しただ」の居宅支援事業所の部門独立のために転職。
平成14年、同法人での特別養護老人ホーム設立に伴い、施設長に就任。

現在はフリーで活躍中。
元特別養護老人ホーム施設長、新潟医療福祉大学講師 、看護師、保健師、福祉施設士、介護支援専門員

See more

Course content

Total
Preview You can preview lectures with this label
Loading

Ratings and reviews

4.5
4 reviews
5 stars
75%
4 stars
0%
3 stars
25%
2 stars
0%
1 stars
0%