経営改善のための分析手法 - 損益分岐点分析の初歩

損益分岐点分析の入門講座です。経営改善に役立つ財務分析手法をはじめての方にも分かりやすく解説しています。経営分析に必須のスキルを学びましょう。

数字に責任を持つリーダー必見
損益分岐点分析の入門講座

リーダー・管理職になると、売上や利益といった経営数字に責任を持つようになります。
売上を増やしても利益が増えないのはなぜか?
売上高をどれくらいにすれば、利益目標が達成できるのか?
など困ったご経験はございますか?
この講座はこうした疑問にお答えするための講座です。

同じ業界でも、経営体質が違うと「損益分岐点」が異なり、経営の重点も違うのです。

具体的な数字をつかって、経営分析の初歩をわかりやすくお伝えいたします。


このコースで得られるもの

  • 損益分岐点分析の初歩を学ぶ
  • 重要キーワード「損益分岐点」の意味を学ぶ
  • 経営体質の比較ができるようになる
  • 利益目標から売上目標を設定できるようになる
  • 効果的な経営改善方法を学ぶ

こんな方におすすめ

  • 経営者
  • 管理職
  • 管理職を目指す人
  • 会計、経理を学ぼうとして、挫折した経験がある人
  • もう一度、経営分析を学びなおしたい人

損益分岐点分析を知らないと、ビジネスで失敗し、会社を窮地に追い込むことにもなりかねません。経営に必須の知識をこのオンラインコースで学びましょう!


Lectures of this course

Total
Preview You can preview lectures with this label
Loading
経営改善のための分析手法 - 損益分岐点分析の初歩
Price (Tax included)
$53.99
Buy Now30-day money-back guarantee
Peace of mind with a 30 day money back guarantee!
Viewable on any smartphone or tablet devices
No limit after purchasing! Watch the lectures as many times as you like
Instructor
Bigger toru takashima
株式会社決断力 代表取締役

1963年生まれ。香川県出身。神戸大学経済学部卒業。
1986年 松下電器産業(現パナソニック)入社。
松下幸之助の直轄部隊である経理社員として、事業計画策定、月次決算、経営課題検討を通じて事業部長の経営上の決断をプロデュースすることで、経営視点での「決断力」と経営者の動かし方を体得。
その後、経理責任者としてエアコン事業、半導体事業、本社部門で勤務。
1990年 1回目のお見合いで結婚を決断。
2013年 50歳の誕生日に起業を決断。
2014年 株式会社決断力を設立。
28年間で85個のプロジェクトに取り組み、現場での問題解決を主体的に行い、ビジネス現場で使える「決断力」(多様な人々を動かすスキル)。現場で「やりきる」コンサルタントとして、関係部門からの信望も厚い。

好きな幸之助の言葉は、「素直」「社員稼業」「雨が降ったら傘をさす」。
愛読書は、「ローマ人の物語」「蒼天航路(三国志)」「へうげもの(古田織部)」。
座右の銘は、「人生は後半戦が面白い!」。