Share this course

Get up to 20% revenue for each qualifying new purchase you refer.
You can join the course referral program after purchasing this course.
Let's take this course now!

Edit Your Review

Describe your thoughts and experience with this course.
Cancel
Complete

Your Review

Delete
Edit

Review This Course

Describe your thoughts and experience with this course.
Exit
Complete

Review This Course

Post a review
Top Software Skills Windows 超速時短術!ショートカットキーによるPC作業高速化
PRO COURSE

Windows 超速時短術!ショートカットキーによるPC作業高速化

「キーボードからマウスに手を移動させるのが面倒」と感じませんか? そんな面倒をスッキリ解決!これまでとは見違える速度でPC操作できる方法を学べる講座です。

【超速】Windowsをハックして操作時間を圧縮!
~ショートカットキー初心者から上級者向け講座~

 

かつてニートだった私に自信と希望を与え、人生を変えてくれたテクニックの一つがこの「キーボードショートカット技術」。

かれこれ10年以上、私はこのキーボードショートカットのスキルを探求し続けています。

「CtrlキーとCキー同時押し」でコピー、を使っている方も多いと思いますが、そのようなスキルを突き詰めて追求した内容です。

本講座の技術を使えば、PCを超高速で操作できるようになり、時間の余裕が生まれます。

キーボードショートカットは動く歩道に例えるとすると、動く歩道の上で歩くようなものです。今までよりもっと楽に・もっと速く・もっと遠くに行けますよね!

ショートカットキー技術を習得できれば、何倍も速く仕事が片付くようになるのです。

動く歩道 = ショートカットキー = PC操作全般が超速化!

もしあなたが、すでに他のツールを活用してPC作業を効率化しているなら、もっとPC操作が速くなることでしょう。

例えるならば、動く歩道の上を自転車やバイクで走ることと同義です!(実際の動く歩道では決してマネしないでくださいね)

キーボードショートカット技術は、パソコン操作 = 「入力操作」の全てを超速にします。

もとよりマウス操作は「入力操作」であり、主要なマウス操作の多くは、キーボードショートカットで置換え可能だからです。

事務作業・プログラマー・デザイナー・PC初心者の方など、この技術を使いこなせば、どのような職種の方でも業務が抜本的に速くなります。

デザイン・製図のようなマウス主体の業務でもOK!

但し、このような困りごとも…。

  • キーボードショートカットでは呼び出せない機能もある
  • マウスを使いながらでは押しにくいキーボードショートカットが存在

しかし!このコースでは、Auto Hot Key (以下 AHK) というソフトを使って以下のようなことを実現できます。

  • 簡単なプログラムを書いて、キーボードショートカットを自作できる
  • ソフトの標準機能にないオリジナル機能をショートカットキーに設定できる
  • 同じショートカットキーの動きを、ソフトごとに変えられる
  • マウス主体の業務でも、重要機能を左手で呼び出せるショートカットキーに登録して業務がサクサク進められる

キーボードショートカットを使いこなすのに必要なのは、指さばきの練習・練習を続ける根気だけなんです!難しい知識はほとんど必要ありません。

なぜなら、どのキーを押せば何の機能が呼び出されるか?はそれぞれのアプリケーションに書いてあるからです。

練習すればしただけ成果が現れます!

ネット上の情報を根気よく探せばこのコースで解説する内容を見つけることができるかもしれません。

ただ、どのように練習すれば良いか? も含めて探すのは非常に難しいでしょう。

キーボードショートカットの知識だけあっても「使いこなせる」ようにはならならないのです。

楽譜が読めても、練習しないと満足いくように曲を弾けないことと同じですよね。

このコースでは、多様な練習メニューを用意しています。

一ヶ月間毎日10分程度、継続して練習すればキーボードショートカットの基礎をしっかり身につけることができます。

ショートカット初心者に向けて、もっとも簡単な「単機能キー」から学んでいきますのでご安心ください。(PageUp/DownやHomeキー、F1~F12までのキーなど)

AHKプログラミングによって、普段は利用価値のない「変換、無変換キー」を最高のキーに変えることができます!

あなたも、キーボードだけでPCを操作できるようになってみませんか?

このコースで学べること

  • Excel操作の爆速化が実現します
  • PC操作全般が高速になり時間の余裕が生まれます
  • ChromeやFirefoxなどでマウスを使わずに高速ブラウジングできます
  • 高速でパソコン操作できるようになり、仕事の効率が向上します
  • 独自のショートカットキーをプログラミングで作り無双状態になれます
  • マウスをクリックしすぎて人差し指が痛くなるのを解消できる…かもしれません
  • 仕事が早く終わるようになり、余暇時間を有効活用できるようになります
  • 思考する速度でPCを操作できるようになります
  • Windowsの検索機能を使いこなして、アプリ・フォルダなどを素早く起動できるようになります
  • PCの便利な機能・設定を網羅的に学べます

こんな方にオススメ

  • 日常的にパソコン (Windows) を使用する方
  • ショートカットキーで効率が良くなると何処かで聞いたことがある方
  • マウスでボタンをクリックしたつもりが、微妙に狙いを外して苛立ったことがある方
  • 今よりもっと素早くパソコンを操作して早く仕事を終わらせたい方
  • ショートカットキーの世界を極めたい方

ショートカットキー技術を習得できれば「マウスを移動し、クリックする時間」をゼロにできます。

これから先のPC人生を考えるとマウス移動時間がゼロになると、どれだけの時間が産まれるかぜひ想像してみてください。

たとえWindowsやエクセル、その他のソフトがバージョンアップしようとも一生涯 使える技術です。

ぜひこのコースで学んで人生の可処分時間を増やしてください。

About the instructor

イクマ ヒロユキ
製造業社内SE

こんにちは。イクマと申します。
従業員70名程度の製造企業で社内SE兼 総務業務全般を生業としています。

社内SEとしては
- VBA・Pyhon・C#・SQL ServerやLinux・MySQLでシステム内製
- 内製システムとSaaSを連携
- これらシステムで生産管理・労務管理・設計支援
- Windows ServerとLinux Server(Ubuntu Server)の管理
- 社内PCや機器の管理 (約80台)
などを行っています。

こんな私ですが、1981年 長野県長野市で生まれました。
私は長野商業高校、千葉商科大学卒業後、呉服店に営業職として就職しました。年間5,000万円ほどの売り上げ目標を持たされ、6年ほど営業を続けました。が、あまりのつらさに退職。
その後、営業職以外に就職を希望し、生花店に就職するも半年で退社。その後、転職浪人を経てギフト商材の営業、退社した呉服店に出戻り、と職を転々としました。

しかし、やはり営業が肌に合わず出戻った呉服店をまたもや退社。2~3年の浪人生活(ニート)で自尊心が壊滅状態になったのでした(金がない、友達に会えない、周りはどんどん結婚・子供ができる、白い目で見られる、この世から消えたくなる)。

ところが、ひょんなきっかけで運良く地元の工場に拾ってもらい、念願の営業職以外の職種就職(総務)でき大喜び。死ぬほどつらかったニート時代に二度と戻らないよう、死に物狂いに仕事に打ち込ました。

エクセル仕事が多い総務職だったため、効率化・改善を追求する過程でエクセルマクロに出会い、数十万円単位の金額と多くの時間を勉強に費やしたのです。

仕事を効率化するプログラムを書いて書いて書きまくり、コストダウンしまくり、その活動が社内や取引先に認められていきました。

しだいに総務という枠を超えて工場全体のシステムを開発したり、製造ラインのカイゼン活動の旗振り役として活動したり、一部上場企業の重役の前でプレゼンするようになりました。2, 3年前までニートだった人間が、です。

こんな経験に味をしめ、それからというもの よりコスト削減できるシステム・使いやすいシステムを開発すべく日々活動しています。
趣味はコンピュータいじりとプログラミングです。

自宅PCは
- Windows 10 (2台)
- MacBookAir (M1)
- Raspberry Pi
- Linux Mint
なと各種取り揃えて遊んでいます。

家族構成
- 妻
- 長女
- 次女

See more

Course content

Total
Preview You can preview lectures with this label
Loading