Share this course

Get up to 20% revenue for each qualifying new purchase you refer.
You can join the course referral program after purchasing this course.
Let's take this course now!
Top Breadcumb navigator Teaching and Academics Breadcumb navigator 認知科学で学ぶ!! 平成30年大阪府公立高校入試問題【英語A】
PRO COURSE

認知科学で学ぶ!! 平成30年大阪府公立高校入試問題【英語A】

平成30年大阪府公立高校入試問題の英語Aの分野を学参参考書の著者でありアーク進学会の塾長である講師が解説します。受験生だけでなく英語を学びたい社会人にもオススメ。

入試問題を認知科学で紐解く
全く新しい英語問題解説講座


成績UPのコツは「勉強法」にあります。

同じ1時間の勉強をして、100のうち80を自分のものにできる生徒と、ほとんどを忘れてしまって30しか身につかない生徒では、その後の成績は明らかです。今、伸び悩みの状況にあるなら、「答にこだわる勉強法」から「問題から学べるすべてを学ぶ」姿勢に変える必要があります。

ポイントは「記憶に残る勉強法」です。「できる生徒」と「できない生徒」の最も大きな違いは「記憶」にあるのです。

脳科学や認知科学という分野では、記憶の仕組みや思考について多くのことがわかってきています。  例えば記憶に残すためには、深く〈思考〉することが重要です。〈思考〉を深めるためには、問題を解くために必要なポイントにしっかり〈注意〉を向ける必要があるのです。

〈注意〉⇒〈直感〉⇒イメージ⇒〈思考・推論〉⇒〈ヒラメキ〉⇒〈記憶〉

といった一連のシステムがうまく稼働したとき、頭脳はその「手順」を〈記憶〉に強く残すことができます。復習や類題学習を通して、その〈記憶〉が深まると、試験会場で「わかった!」となるのです。


このコースでは、「マーキング」や「スラッシュ(/)」といった色や記号を使って、頭脳の〈注意〉をポイントに引きつけ、〈直感〉を引き出しやすくし、しっかり記憶に残す【認知科学的勉強法】にこだわって解説を進めていきます。

教材は実際に出題された入試問題です。

YouTubeなどで見ることができる入試問題の解説動画とは異なり、文法問題や読解問題の答えを解説するだけではなく、答え以外の重要項目にも丁寧な解説を行います。中学3年間の文法、構文の総復習となるようカリキュラムが組まれています。

受講の際に必要なもの

  • 中学2年程度の英語の知識
  • 蛍光マーカー

こんな方にオススメ

  • 高校受験を目指す中学生
  • 受験準備にとりかかる中学2年生以上
  • 中学の英語知識を身につけたい、高校生・社会人

認知科学的勉強法を身につけ、中学3年間の文法、構文の総復習をこのコースで行いましょう!!

About the instructor

松本 博
ARC EDU 株式会社(アーク進学会)代表

大阪府下で13教室を展開する「アーク進学会」の塾長。著書に「いちばんよく出る中学英単語1300」(KADOKAWA / 中経出版)がある。
雑誌「プレジデントFamily」に特集された「6色マーカー学習法(R)」を開発。認知科学や心理学を応用した学習理論 Powered Brain Learning System (R) (パワード・ブレイン・ラーニング・システム)をベースに小・中学生でも使えるようにした6色マーカー学習法は、人間の意識に学習法であり、テストの問題を解説するだけの授業とは異なり、生徒の「学習能力」そのものを高める学習法として注目を集めている。

See more

Course content

Total
Preview You can preview lectures with this label
Loading