Lecture 14:

チューナーを使った調弦

Instructor: TAKA

Lecture Content


⑥弦の音から合わせていきます。

チューナーの針が真ん中に来るように糸巻きを動かします。

⑥弦ができたら、順次①弦から⑤弦まで合わせていきます。

高い音程(針が真ん中寄り)になっていた場合は、一度、音程を下げてから合わせていきます。

後は同様に、針が真ん中になるように合わせていきます。

針が左右に揺れて安定しない時もありますが、なるべく真ん中あたりになるように調整しましょう。

Related Courses