Lecture 3:

横線が三本以上の場合の線の書き方

Instructor: 中本 白洲

Lecture Content


中本白洲のペン字講座です。

今回は横線が3本以上ある時の美しい表現の仕方について説明します。

「三」という字を書いてみます。

・横線の感覚は均等に入れる

・三本の先の方向に変化をつける

変化をつけると、線と線が響き合って美しい字が書けます。

公開実用化を変えて治療や分子がこちらをもう少しこちらは極端なります


「春」という字を書く際にも、上記の「三」を書く時に意識したことを踏まえると、豊かで美しい字を書くことができます。

「羊」や「美」もそうです。


今回はこの違いを理解していただくために、線の書き方を極端めにしております。一般で書く時にはこういうことを軽く意識して頂くことが重要です。

極端になりすぎないよう軽く意識する程度に留めましょう。

三本の線の響き合いようなイメージを持つことが大切です。