Lecture 4:

一般設定のCanonical URLsとCanoni

Lecture Content


どうも、こんにちは。山田どうそんです。

続いては、「ページネイションを Canonical URLsにしない:」ということで、これは何かというと、基本的には扱わないです。これは、どういう時に使うかというと、一つの記事を複数ページに分ける場合です。

例えば、ニュースサイトなどで一つの記事を何ページにも分けていると思います。こういう場合にチェックを入れます。ここにチェックを入れておくと、1ページ目だけが優先されるので、2ページ目以降の重複コンテンツを避けることができるということです。

そして、次ですが「カスタム Canonical URL を有効化:」という項目ですが、これも基本は使わないのでチェックを外しておいてください。これは、記事ごとに優先させたいURLなどがあった場合に、チェックを入れます。チェックを入れると、各投稿ページの「All in One  SEO Pack」とメインセットのところに、「カスタム Canonical URL」という項目が追加されるので、そちらに優先させたいURLを入力できるということです。

ちょっと見てみましょう。チェックを入れて更新します。そして、投稿にいっていただいて、下の方にいきますが、ここに「All in One  SEO Pack」というのがあります。ここに「カスタム Canonical URL」というのが表示されています。これはチェックを入れたので出てきています。

ここに優先させたいページのURLを入れるということができます。なので、通常は使わないので、これはチェックを外しておくことをお勧めします。このままでOKです。