Lecture 2:

好感度を決めるもの

Instructor: 荻野 純子

Lecture Content


それでは、相手が皆さんに好感を持つのはどんな時なんでしょうか?

実は、好感度も70%が出会って30秒の第一印象で決まると言われています。

みなさんは第一印象に自信がありますか?

人はどんなところでその人の第一印象を決めているんでしょうか?

第一印象を決めるものには3つあると言われています。


1つは声の調子、声のトーン、声の明るさ、声の大きさです。

確かに挨拶の元気良さから、あぁこの人元気がいいなあ!と感じることありますよね。

声は第一印象に影響を与えます。


そして、2つ目は表情や外見や態度です。

表情というのは、笑顔であったり、その人の元気の良い表情とかを感じたりすることってありますよね?

そして、外見、見た目です。

服装でこの人はしっかりした感じの人だなぁと思ったり、もしくはこの人はちょっとラフな感じの方なんだなぁと感じたり、そして、おしゃれな人だなぁという風に思ったりすることありますよね。

そして態度。ちょっと真面目そうな感じの方だなぁと思ったり、腰が低い感じの方なんだなぁ、という風に感じたりすることありますね。自信に溢れた態度というのもきっとあると思います。


そして3つ目が言葉です。

最初に発した言葉や、その人がよく使う言葉は第一印象に影響を与えます。


この3つ、全てが第一印象を決めるものなんですけれども、特に大きな割合を占めているものがあります。

7割以上がこの3つのうちのどれか1つで決まると言われているんです。

もう一度言いますね。

最初が声の調子、そして次が表情や外見や態度、そして最後が言葉、話す内容といったものでした。

この3つのうち、どれが好感度の70%を決める第一印象の7割を決めているんでしょうか?

ちょっと考えてみてください。


…はい、いかがでしたでしょうか?

実は2つ目の表情、外見、態度といったもので第一印象の7割が決まると言われています。


つまり何か話し始める前に、挨拶をする前に、その人をぱっと見て、外見や態度や表情から第一印象が決まってしまう。つまり、約30秒間で決まってしまうと言われています。


みなさんご自分の表情や外見や態度に自信はありますか?


表情や外見や態度をまず磨いていきたいと思います。